トップページ > 弁護士紹介

弁護士紹介

弁護士 勝浦 敦嗣(かつうら あつし)
第二東京弁護士会所属

大手企業法務事務所と公設事務所の経験を生かして、「身近で、頼れる弁護士」を目指します

代表弁護士 勝浦 敦嗣私は、弁護士になって最初の4年間、大手企業法務事務所、不動産流動化、コンテンツファイナンスなどの金融法務、一般企業法務などを扱いました。
この4年間で、徹底的にリサーチし実践すること、プロジェクトの成功のためにクライアントと戦略を練ること、そしてなにより、仕事に妥協せず、クライアントの満足のために誠心誠意を尽くすことを学びました。

また、このうち、半年間は、大手証券会社へ出向し、企業の内部からの目線で、弁護士がどのように必要とされているのかを体感することができました。 クライアントからの信頼を得てクライアントとともに成長することの喜びを覚え、多忙ながらも充実した4年間を過ごしました。

他方で、当初弁護士を目指した理由である、「ひとの人生に寄り添える仕事」という弁護士の魅力をとことんまで追求したいと思い、弁護士4年目に、鳥取県の公設事務所へ赴任することとしました。公設事務所(ひまわり基金法律事務所)とは、弁護士過疎の解消のために、日本弁護士連合会からの支援を受けて運営される半ば公的な法律事務所です。弁護士不足の地で、身近な存在となって、多くの方の悩みに向き合い、その解決のお手伝いをしたい......そんな気持ちからの一念発起でした。当時所属していたTMI総合法律事務所も、地方への赴任を快く応援してくれました。

鳥取での仕事は、当然、それまで私の職務の中心であった大手企業の仕事などは全くなく、個人や中小企業経営者を依頼者とする未知の分野への転換でした。
弁護士が必要とされている土地に赴任し、一人暮らしのご高齢者から中小企業の経営者まで、様々な人の悩みに寄り添い、その解決のために尽力できる喜びを得ることができました。
悪質商法に食い物にされ、自己破産を覚悟して来訪したご高齢の女性に、事件解決後、悪質業者から回収したお金を渡した際の達成感...、サラ金の借金に悩んだ結果自殺してしまった男性のご遺族から相談を受けた時のやり切れなさ...、様々な思いを抱きながらの約5年間で、幅広い分野の仕事を経験し、弁護士としても成長ができたと思っております。

また、地元の方々や弁護士会に支えられ、薬害C型肝炎鳥取弁護団団長、法テラス鳥取地方事務所副所長などを務めたこともよい経験になりました。

このような経緯を経て、平成22年、東京に戻り、青山一丁目に新たに勝浦総合法律事務所を開設しました。東京でも、まだ弁護士業界は身近な存在ではありません。債務整理については様々な広報活動がなされていますが、一部の弁護士による過度の宣伝やあいまいな報酬処理が、むしろ弁護士の信頼を損なっていると感じられます。また、債務整理以外に弁護士が必要とされる分野については、まだまだ弁護士の敷居は高く、業界の努力不足を感じます。

大手企業法務事務所で学んだことと地方の弁護士として体験したこと、それらを元に、企業や個人にかかわらず、法律問題の解決が必要な方にとって、より身近で、頼りになる弁護士を目指したいと思っています。

経歴

昭和53年東京都町田市生
平成8年 私立東海高校(愛知県)卒業、東京大学入学
平成11年司法試験合格(司法修習54期)
平成12年東京大学法学部卒業
平成13年大手企業法務事務所(東京)入所
平成17年鳥取ひまわり基金法律事務所(鳥取)入所
平成19年リーガルアライアンス 鳥取あおぞら法律事務所(旧 鳥取ひまわり基金法律事務所)所長就任
平成22年勝浦総合法律事務所(東京)開設

一番上へ戻る▲

弁護士 小松 紘士(こまつ ひろし)
東京弁護士会所属

弁護士 小松 紘士紛争に巻き込まれたときには、どう解決すべきか客観的に考えられないことや、なかなか判断ができないことが、意外と多いと思います。そんなとき、ご自身で解決される前に、一度弁護士にご相談を頂ければ、安心や納得ができ、違った解決策が見つかることがあります。ぜひお気軽にご相談下さい。

実際に相談をお受けする際は、相談をされる方に起こった事実や、紛争の背景にあるご事情について、有利な点、不利な点を問わず、できるだけお聞きしたいと思っています。その上で、依頼者の皆様と一緒に、よりよい解決策を考えていくことを心がけています。

弁護士として、一つ一つの案件に労を惜しまずに誠実に取り組み、また、より質の高い法的サービスが提供できるよう、日々研鑽を重ねていきたいと思っております。

経歴

昭和56年 神奈川県伊勢原市生まれ 東京都世田谷区で育つ
平成12年 東京学芸大学附属高等学校卒業
平成17年 北海道大学法学部卒業
平成19年 北海道大学法科大学院修了
平成19年 司法試験合格
平成20年 弁護士登録

主な著作

『最新判例からみる民事訴訟の実務』(共著・青林書院、2010年)
『民事訴訟代理人の実務Ⅱ・争点整理』(共著・青林書院、2011年)

一番上へ戻る▲

弁護士 戸松 良太(とまつ りょうた)
東京弁護士会所属

弁護士 戸松 良太社会が複雑化し、時代が大きくうねりをあげて変化していく今日、弁護士も司法改革の流れの中でその取り巻く環境は大きく変わりつつあります。
そのような状況で他にはない価値を提供するには、卓越した高度な専門性の習得が不可欠であると考えております。そこで、医療知識という法律と並ぶ専門性が要求される交通事故の案件を専門に、弁護士として研鑽を積んで参りました。
ただ、高い専門性をもって仕事をする中で、せっかく、人の人生の節目に携われる、弁護士という特殊な職業に就いたのだから、他の様々な案件にも取り組んでみたいという思いも感じていました。
依頼人の方の人生の節目であることを自覚して一つ一つの案件に取り組み、質の高いリーガルサービスを提供して参りたいと思いますので、よろしくお願い致します。

昭和61年 東京都生まれ
平成20年 中央大学法学部法律学科卒業
平成22年 専修大学大学院法務研究科法務専攻卒業
平成22年 司法試験合格
平成23年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

弁護士 杉本 圭(すぎもと けい)
大阪弁護士会所属

弁護士 杉本 圭法律問題に直面した方が適切な解決に至ることができるよう、法的知識を最大限活用することはもちろん、精神的ストレスを少しでも解消していただけるよう依頼者の方に寄り添い、丁寧に事案を解決していくことを常に心掛けております。
法律問題に悩んだ方々の言葉に真摯に耳を傾け、より良い解決策をご提案できる弁護士であるとともに、どんな些細なことでもお気軽にご相談いただける弁護士でありたいと思っております。
生まれ育った大阪の地で弁護士として活動できることはこの上ない喜びです。いつまでも感謝の気持ちを持って、微力ながら社会に役立つ人間として成長すべく努力し続けたいと考えております。
常に向上心・探究心を忘れず、依頼者の方のニーズを的確に把握し、適切なリーガルサービスを提供させていただくため、弁護士としての気概をもって日々の業務に全力で取り組んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

昭和58年 大阪府生まれ
平成13年 大阪府立泉北高等学校卒業
平成18年 近畿大学法学部法律学科卒業
平成22年 近畿大学法科大学院卒業
平成22年 司法試験合格
平成24年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

弁護士 横山 竜一(よこやま りょういち)
大阪弁護士会所属

弁護士 横山 竜一弁護士としてもっとも心がけるべきは、誰よりも依頼者の皆様に親身になり、真っ直ぐに向き合うことだと思います。

そのために、依頼者の皆様に潜在的にある真の目標・ニーズをしっかりと汲み取り、その人にとって何が一番良いのかを一緒になって考える、パートナーのような存在となれるよう、常に心がけ、研鑽を続けております。

依頼者の皆様方が「横山に相談してよかった」と思っていただけるよう、尽力を尽くしますので、どうぞよろしくお願い致します。

昭和61年 大阪府生まれ
平成17年 大阪府立春日丘高等学校卒業
平成21年 同志社大学法学部卒業
平成23年 大阪大学大学院高等司法研究科卒業
平成23年 司法試験合格
平成25年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

弁護士 坂本 一真(さかもと かずま)
東京弁護士会所属

弁護士 坂本 一真弁護士業に就く以前は、国家公務員として裁判所に勤務し、老若男女さまざまな方のご相談に乗ってまいりました。そこで培った経験を踏まえ、現在私は、ご相談者・ご依頼者の気持ちを特に大事にし寄り添いながら、ともに案件を解決することを信条として、弁護士業に従事しております。
また、僭越ではありますが、これまでの人生において友人等に相談されることが多く、的確な意思の疎通を図るためのコミュニケーション能力、相手の視点・立場に立って物事を考える能力は有していると自負しております。
弁護士に相談をするというのは敷居が高く、抵抗がある方も多いのではないでしょうか。しかし、一人で悩まれるのは辛いと思いますし、ご相談されたあとには、弁護士の身近さをきっと感じていただけると思います。
一人で悩まず、まずはご相談ください。勇気ある一歩をお待ちしております。

昭和57年 東京都立川市生
平成12年 早稲田大学高等学院卒業
平成16年 早稲田大学法学部卒業
平成21年 中央大学法科大学院卒業
平成22年 東京家庭裁判所奉職
平成23年 司法試験合格
平成24年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

弁護士 安池 巧(やすいけ たくみ)
第一東京弁護士会所属

弁護士 安池 巧私は、これまでの弁護士生活において、特に相続、不動産等の法律問題に関して多くの依頼者の方と接する機会に恵まれました。そして、依頼者の方は初めて弁護士に相談するという方が大半でした。何らかの法律問題に直面し、弁護士に相談するということは、その方にとって、一生に一度あるかないかの出来事だということを日々実感しておりました。そうした方々の最後の砦とも言えるのが弁護士ではないかと思います。
私は、上記のことを念頭に置き、まずは依頼者の方のお話にしっかりと耳を傾けることを心がけています。何から話して良いか分からなくても構いません。私達弁護士は、依頼者の方が語る生の事実から、問題解決の糸口を見出し、共に問題解決に当たっていきます。

今日、社会が目まぐるしく変化するなかで、法的なトラブルも日々形を変え、多様化しています。こうした変化に、弁護士として鋭敏に反応し、依頼者の皆様のニーズに常に応え続けていくことができるよう、今後も日々精進していきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

昭和61年 神奈川県秦野市生まれ
平成17年 神奈川県立秦野高等学校卒業
平成21年 中央大学法学部法律学科卒業
平成23年 中央大学法科大学院修了
平成23年 司法試験合格
平成24年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

弁護士 水戸 悠貴(みずと ゆうき)
第二東京弁護士会所属

弁護士 水戸 悠貴私は、身近な人の活動を少しでもストレスなく円滑に進めることができるように、法的側面からサポートできる存在になりたい、という思いから弁護士を志しました。
現代において、日々の業務や新規事業への取組みにおいても、法律は切っては切れない存在であり、法的紛争に発展することは多々あります。また、一般生活においても、法的問題に直面した際は、法律的に整理することすら困難であるため、個々の目的や、正当な利益が守れないことも多々あります。
そのような問題に対して、依頼者の皆様に寄り添いながら丁寧にお話を伺うことで、依頼者の皆様を取り巻く環境の理解を深め、依頼者の方々と共に問題解決へと進んでまいりたいと思います。
依頼者の皆様の日々の様々な活動が少しでも円滑に進む一助となれるよう、日々研磨を怠らず取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

昭和61年 岐阜県生まれ
平成17年 私立愛知淑徳高校卒業
平成21年 慶應義塾大学文学部卒業
平成21年 民間企業勤務
平成25年 名古屋大学法科大学院卒業
平成25年 司法試験合格
平成26年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

弁護士 佐野 みず紀(さの みずき)
大阪弁護士会所属

弁護士 佐野 みず紀複雑で目まぐるしく変化する現代社会では、企業経営や労使関係に関するトラブルや、近隣とのトラブル、交通事故、離婚や遺産相続をめぐる紛争など、様々な問題に直面することがあります。そのような時に、「法律を詳しく知っている人が身近にいたらいいのに」と思われたことはありませんか?
私は、法律の専門家として、依頼者の皆様お一人お一人に寄り添い、誠意をもって取り組み、共に問題を解決していくことのできる弁護士でありたいと思っております。
問題や悩みについて話すことは、解決へ向けて一歩踏み出すきっかけになります。お一人で抱え込まずに、ぜひお気軽にご相談ください。

昭和58年 大阪府大阪市生まれ
平成14年 同志社高等学校卒業
平成18年 同志社大学法学部卒業
平成25年 大阪大学法科大学院修了
平成27年 司法試験合格
平成28年 弁護士登録

一番上へ戻る▲

法律相談のご予約・お問い合わせはこちら